MOS資格対策コース

Microsoft Office Specialist(MOS0)は、Windowsの普及とともに採用する企業も増えてきており、競争の激しい求人市場において、就職や転職に有益な資格として評価されています。
Word、Excel、PowerPointなどの、アプリケーションが使えると言っても、どれだけ使いこなせるかというとらえ方は人それぞれです。
日ごろ使っている利用スキルを言葉でなく資格として証明でき、取得後は、仕事・就職・転職・プライベートなど幅広くご活用できます。 合格者には世界共通の「合格認定証」が送られます。

企業・大学等でも有利です

Microsoft Office Specialistは、PCスキルの証明としての認知度向上とともに受験者は年々急増しており、 最近では、企業での研修・教育の一環としての活用に加え、学生の就職活動においても実務に即したIT資格として評価されています。

MOS検定 試験概要

マイクロソフトのOffice製品はそのバージョンごとに新しい機能が追加されたり、改良されたりしています。 Microsoft Office Specialistではバージョンが違う場合、同じ『Word』などのソフトであっても、それぞれ別の科目と考えています。 (資格のバージョンアップや更新制度はありません) 試験科目は個々に独立していますので、最初からエキスパートレベルの受験も可能です。 1科目ごとに認定をします。 Microsoft Officeのアプリケーションソフトを使って、どれだけ要求された作業を確実に行えるかを判定します。 試験の形式はすべて実技試験。試験会場に用意されたWindowsマシンを使って、与えられた課題にひとつひとつ取り組んでいきます。筆記試験は一切ありません。

P検取得コース

いま情報化社会の中、コンピュータを自在に操作できる上で、情報を有効に活用できる能力が求められています。一般的な文書作成や表計算などの操作だけでなく、自分が持っている情報や技能でいかに問題解決ができるかが試されます。情報と生きるすべての人を対象にした検定試験です。

企業・大学等でも有利です

  • 企業などでもP検を導入し、スキルアップを図っています。
  • 入試優遇・単位認定処置をとる大学もあります。

10代の学生から社会人・その他情報と生きる多くの方が受験しています。受験者数は年々増加中!

試験概要

1級
レベル 情報化推進リーダー
試験方法 ・選択式テスト
・その他論述テスト
検定料(税込) 10,000円 (90分)
2級
レベル ICT活用におけるスペシャリスト
試験方法 ・選択式テスト
・実技能力テスト(成果物作成型)
検定料(税込) 6,100円 (70分)
準2級
レベル ビジネスに要求されるICT活用スキルを有する人材
試験方法 ・タイピングテスト
・選択式テスト
・実技能力テスト(ワープロ)・(表計算)
検定料(税込) 5,100円(60分)
3級
レベル 入社時に要求されるICT活用スキルを有する人材
試験方法 ・タイピングテスト
・選択式テスト
・実技能力テスト(ワープロ)・(表計算)
検定料(税込) 5,100円 (60分)
4級
レベル ICTの基礎的な知識・技能を有する人材
試験方法 ・タイピングテスト
・選択式テスト
・実技能力テスト(ワープロ)・(表計算)
検定料(税込) 3,000円 (50分)
5級
レベル 入門者
試験方法 ・インターネット
検定料 無料